子どもに優しい朝ごはんを中心に写真と共に贈るごはんやおやつの日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホメオパシーレメディ

gh8r1k001.jpg


ホメオパシーとは…

ホメオパシーの語源は、ギリシャ語の「同種療法」のことで、ホメオパシーを訳すと、のホメオは「似たもの」、パシーは「病気」という意味です。ホメオパシーは、18世紀後半にドイツの医師・サミュエル・ハーネマンによって確立されました。さらにホメオパシーの歴史をたどると約2千年前の古代ギリシャで「医学の父」と呼ばれたヒポクラテスが始めた「同種療法」が起源と言われています。「同種療法」とは、症状を持つ患者に、 もし健康な人間に与えたら、その症状と似た症状を起こす物質(症状のもと)をあえて与えることによって、症状を軽減したり治したりしようとする療法のことです。体毒を出し切ることで、心身ともに健康になるという考えに基づいています。サミュエル・ハーネマンは、マラリアの治療に使う「キネの木」を健康な人に投与すると、高熱、発汗、衰弱などマラリア患者と同じ症状が起こることに気づきました。そしてさらに、ある症状に対して、同じ症状を起こすものを少量与えると、その症状が治癒するという、「同種療法」に気づき、ホメオパシーの確立することになりました。ホメオパシーの考え方をわかりやすく説明すると、例えば、眠れない人にあえてカフェイン(ふつうカフェインは眠気を防ぐ効果あることはご存知ですね)を少量与えると、逆に身体の治癒力が機能して催眠を誘うことに気づいたわけです。ここで、大切なのはあくまでも「少量」ということです。ホメオパシーは、当時の医学界で評価・反発を含めて大反響を巻き起こしたのですが、ともかく非常によく効くものですから、ヨーロッパはもちろん、アメリカでも半数近くの医師はホメオパシーに転向した時代もありました。

ホメオパシーのレメディとは?

ホメオパシーのレメディとは治療物質のことです。ホメオパシーのレメディは薬ではありません。レメディは、鉱物、植物、動物、病原体などこの世に存在する物質をすり潰し、希釈、振盪して作られたものなのです。例えば、たまねぎから作られるアリウムのレメディは、たまねぎを切ったときのような、目からなみだがでて、鼻水が出る時に用いられるものです。花粉症の症状などに利用されます。このことが先に説明をした、「同種療法」ということですね。ホメオパシーのレメディは、それぞれの人のもつ自然治癒力のスイッチを入れる働きをすると考えればいいでしょう。ホメオパシーのレメディにはその症状の原因となる物質が入っていますが、実際は天文学的数値にまで薄められているため、分子は存在しません。ホメオパシーのレメディにはいくつかの形状がありますが、最も一般的なのは、ラクトースという小さな砂糖粒です。

ホメオパシーのレメディの作り方

ホメオパシーではレメディを作る際、元となる溶液(マザーティンクチャー)1に対して、水またはアルコール100で希釈していきます。これがポーテンシーが1Cのレメディになります。さらにそれを1:100で希釈したものが2C、3C、・・・となっていくのです。日本で最も一般的に出まわっているのが30Cのレメディと言われています。つまり、100倍に薄めて攪拌するのを30回繰り返したレメディです。さらに、200C、1000C、10000Cなどが用いられるます。そして、希釈した液体を小さな砂糖の玉にしみこませたものがラクトースのレメディです。特に高度に希釈したレメディの場合には、当然に、計算上、一粒のレメディに原成分が1分子も含まれないこととなになりますが、より希釈・震盪したものの方が、より効果が高く、また人間の精神面などより中心的な部分に作用するとされています。これは、希釈・震盪によって、希釈液が原液の治癒エネルギーに出会うことにより、希釈液のエネルギーに変化が生じて治癒エネルギーを持つようになるため、というように説明されていますが、科学的には立証されていません。


レメディのとりかた

レメディは、舌の下に入れて溶けるのを待ちます。基本的にレメディをとる20分前後は、口の中に何も入れないように指示されますが、レメディをとる20分前後に飲食をすると効果がなくなるということはありません。もし、時間的に余裕のない時は、飲食前後の20分以内でも構いませんので、レメディをおとりください。また、レメディをとり続ける期間中は、できるだけコーヒーを飲まないようにした方が賢明です。コーヒーはレメディの作用を消してしまう場合もあると言われています。赤ちゃんには、レメディを水に入れて溶かし、その水を飲ませるなどの方法を取ってください。 ホメオパシー療法では原則的に、いちどきに一種類のレメディのみ服用します。これは同時期に数種類のレメディを服用すると、それぞれのレメディが干渉しあって効力に悪影響を及ぼすおそれがあるからです。特に高い希釈度のもの(ハイポテンシーという)に関しては一時期一種類は原則です。ただ低い希釈度で作用も緩やかで、より肉体レベルに働きかけることを目的にした場合には一時期に2~3種類服用することもあります。


ホメオパシーのレメディに副作用は?

ホメオパシーのレメディは元々からだに備わっている自然治癒力を刺激することによって治癒の方向に向かわせることを目的にしています。レメディは科学的な薬ではありませんので、レメディそのものが患者さんを治すのではなく、レメディーにより刺激をうけた自然治癒力、生命力が患者さん自身のバランスを整えようとするのです。したがってホメオパシーの場合は特に自分で自分を治すという意識も重要なのです。そしてホメオパシーのレメディーは、化学的な薬のように薬の化学の作用によって治すわけではありませんので、基本的に、ホメオパシーのレメディーには副作用はなく、妊婦から老人、新生児までどなたも摂取することができます。一般にホメオパシーでは、治癒へ向かう過程にはその初期に症状の一過性の悪化をみることが多いですが、これはもちろん、いわゆるレメディの副作用ではありません。歪んでバランスのくずれているもののバランスをただそうするのですから、一時的に症状が出てくることはあります。この悪化の過程がどのくらい続くのか、どれくらいの強さなのか、はたまたどういう症状として出てくるのかは個人差があり人により様々です。もちろん悪化もみずに治ってしまう場合も少なくありません。しかし、もし悪化が見られてもそれはホメオパシーのレメディに副作用ではないことを理解しておきましょう。では、ホメオパシーの治癒についてもう少し考えましょう。


ヘリングの治癒の法則について

人は病気の状態が長い時間続いている間に、身体は悪い状態に適応した「仮のバランス」を取るようになり、次第に複雑化しています。悪いときには悪いなりにバランスを取っているわけです。病気から回復するということは、そのバランスを壊すことになるので本来の健康な状態になるまでには、一時的に悪化したように感じたり、症状が中心から末端に広がったり、いろいろなことが起こることがあるのです。しかし、それはからだが回復に向かっている事実でもあるのです。悪化するかしないか、悪化の程度が大きいか小さいかは、身体の複雑さの程度によります。ホメオパシーではこの回復過程を「ヘリングの治癒の法則」(へリングはハーネマンの弟子)と呼んでいます。本当の治癒に向かっているときは、病気になったときと逆の順序、方向に治って行くというものです。具体的には、その順序として、
1、Above to down:出ていた症状が、上から下へ移動していく
 (例:首や顔にあった発疹が、手先、足先へ移動した)
2、Inside of the body to outside of the body:出ていた症状が、体内から体外へ移動していく
 (例:胃の病気が治ってきたら、じんましんが出るようになった)
3、Deeper emotional state to physical state:心から体へ
 (例:うつがが改善したころに、手足がしびれるようになった)
4、Important organ to less important organ:重要な器官(臓器)から、より重要でない器官(臓器)へ
 (例:肝臓の働きはよくなったが、喉が痛くなった)
5、Disappear reverse order of their appears:以前患っていた症状が一時的に戻ってくる
  過去に患った病気が、その患った順番の逆にまた経験する
以上が、「ヘリングの治癒の法則」ですが、法則といってもすべての人にすべての症状が出るものではありません。ホメオパシーでは、このような症状は「病気が治癒へ向かっていると判断」しています。
ジャンル : 心と身体
☆☆☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。